都会から北海道に移住した「てちてち」の移住するまで、移住してからのはなし。


by teti--teti
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

稲刈り、まっさかり。

f0049160_1958028.jpg

いよいよ始まりました稲刈りが! 
通学途中どこの畑もワサワサと忙しそうに刈っています

刈ってからは混じっていたゴミやもみがらなどが納屋の横に山になっていて、それから煙がでている  燃やしてしまうんだねきっと  ガー!と燃えないで少しずつ燃えいぶっているよう感じだ  

そして畑には刈られないで残った稲の根っこの部分にも火をつけている  稲が一列に並んで生えていたのでうまい具合に隣りの根っこに少しずつ燃え移っていくようだ  一つの畑で稲の列の分だけ煙があがっている   

なので夕方車を走らせていると、あっちの納屋からもこっちの納屋からも、あそこの畑からもその隣の畑からも煙がモクモクとあがっている  最近のご近所の風景はこんな感じだよ  
f0049160_1958188.jpg
 
[PR]
by teti--teti | 2006-09-30 19:37 | 移住日記
息子の通っている小学校にはスクールバスがある  学校が家から遠い5軒くらいが利用しているらしいが息子はそれに乗って学校に行きたいと言っている  小さい頃は何にでもあこがれたりするが息子はスクールバスがそうらしい  

サッカーに通い始めた時サッカーを教えてくれる、町の小学校までの送り迎えが問題になった 結局スクールバスに乗せてもらえる事になり息子はかなり喜んでいた

町までの道は稲穂が黄金色に染まったのどかな水田が続いている  
先日息子はそこで鹿をみたらしい  阪さんちのじーちゃんが、「秋になると畑で鹿が昼寝をしていることがあるんだ  せっかく育てた稲の上に寝てやがってあいつらめぇぇぇぇ!!」  と言っていたまさにその状態だったらしい   息子が目撃した地域はうちが住んでいるより町に近いのに、山から山に渡る道(鹿が歩く)になっているらしくたまに出るらしいのだ
   

いいなー畑で昼寝している鹿見れて  私も見たいぞー
[PR]
by teti--teti | 2006-09-30 19:21 | 山村留学した息子

ツールド北海道開催

学校に行く途中で最近新しいく看板が立てられていた↓

どうやら「ツールド北海道」とゆう日本最大の自転車レースがあるらしく、うちの家の前の道が今回のレースのコースになっているらしい

帯広に行っていたためレースが見れなくて残念

ツールド北海道

f0049160_20204624.jpg

[PR]
by teti--teti | 2006-09-18 20:22 | 移住日記

すっかり秋です。

東京は残暑が厳しいのかなぁ?
こちらは日に日に寒くなり、もう冬の羽毛布団で寝ています

もう冬の布団だなんて冬を越せるのだろうか?と思っていたら、息子が朝ご飯を食べつつ寒げに身をちぢませながら「こんなに寒くてオレ冬、大丈夫かなぁ?」と言っていた  さすがに息子も東京と違って寒くなるのが早いと感じているらしい! 

山も、夏の深緑からくすんだ緑色や黄色に変わり始め、カエルの声は聞こえなくなり草むらでコオロギがひっきりなしに鳴いています  
私が学校に行く途中は水田がずっと続いていますが稲穂も黄色がさらに色づいて黄金色とゆうのか重そうに穂をたれ始め刈入れももう間じかです  

本当にあっとゆう間に夏が終わりました  移住してまだ半年の私には「夏あったのかな?」とゆう感じでした  湿気がなくて爽快・爽やかな夏だったなー
f0049160_2013418.jpg

[PR]
by teti--teti | 2006-09-13 20:06 | 移住日記
今夜は小学校に母親が集合した 
学芸会が10月の末にあり、母親は毎年ハンドベルを演奏しているらしい

今年は夏川ミリの「花」と「あのすばらしい愛をもう一度」だ
子供もついてきていて子供も学校でめいめい遊んだり宿題をしたりしながら練習が終わるのを待っている

ハンドベルは前からきれいな音だと思っていたので演奏できて嬉しい♪ 癒されるぅぅ
上手に出来るようになりたいな
[PR]
by teti--teti | 2006-09-11 22:07 | 移住日記

畑からの恵み

我が家の畑もいい調子だ 

トマトは苗をもらえたりし予想よりも沢山植えたのでうんざりするほどとれた  息子はトマトが大好きなので朝学校に行く前や夕食前のおなかが減ったときに畑に行き洗いもせずかぶりついている  美味しそうなトマトはどれかな?と選ぶのが楽しいと言っていた  ミートソースやピクルスにしたり何個もつぶして冷凍したがいくら冷凍してもまだまだ採れる  しまいにはトマトジュースにして飲んでいた 
f0049160_21181082.jpg
 
そうそう青いトマトは片栗粉に少し砂糖を入れてあげて食べると美味しいんだよ  

ナスは隣のひまわりの勢いがすごくて日陰になり予想よりもあまりできなくて残念  野菜の中では一番好きなので来年は10株植える予定だ  

ピーマンもひまわりのせいか小さい  ひまわりなんて小学校以来植えてないので2mにもなりわさわさと葉がしげるなんて忘れ、狭い場所に大量に植えてしまったのだ。。。。
f0049160_21161143.jpg


インゲンも沢山とれ、とるのが忙しかった  思っていたより早く大きくなってしまう  胡麻和えや煮物・味噌汁にしたりもちろん冷凍にも沢山したが、あんまり食卓にインゲンが乗るので息子はインゲンが嫌いになってしまった。。。。  来年は少なめに種をまく予定。。。ショボン。。。 

キュウリは私があまり好きじゃないので放置しがちだった  息子が見つけてとってくるのでしょうがなく漬物にしてた  キュウリのあの匂いがイヤなの  私が小さい頃はカブトムシやクワガタのエサとゆえばきゅうりだったので、きゅうり=虫のエサ、とゆう感覚があるのでにがて。。。
f0049160_21461038.jpg
 

ねぎもいい調子で大きくなった  ねぎは大好きだがスーパーで買うと高い  でも今年はよくお味噌汁にきざんで入れて食べれた  息子の大好きな野菜だ

かぼちゃもやっと収穫した  ちいさい種類のかぼちゃだが6個ある  もう少しで収穫できそうなのが4個くらい  かぼちゃは贅沢にスープにして美味しく食べたいっ  楽しみ♪    

じゃがいもは昨日やっと土から掘り出した  ダンボール1箱分ある

今はニンジンと大根・白菜が5センチくらいに成長してきている  たまに間引いてあげてそれはもったいないのでお味噌汁に入れて食べてる

f0049160_2137115.jpg

↑坂さんちから稲の堆肥をもらった  運転してるのは坂さんちのじーちゃん トラクターで運んできてくれた  すごくでかいトラクターだ  来年はもっといい畑にしたいなっ! 
[PR]
by teti--teti | 2006-09-07 21:01 | 移住日記

「優しい時間」で晩御飯

8月18日に帯広に行く途中でお腹が減り、ちょうど富良野の近くを走っていたので「優しい時間」の喫茶店でご飯を食べた  ここは昨年放映された倉本聡原作のテレビドラマのロケ地だ  「北の国から」は見てないが「優しい時間」は北海道とゆう所が知りたくて見ていたので、テレビと同じ建物の中で登場人物たちが飲んでいたふうにしてコーヒーを飲むのは少しワクワクした 予想どうり観光客が沢山いて店の前で写真を取っている

店に入ると運良く人が少なくてすぐに席に座れた  ドラマの中で大竹しのぶが座っていた席の隣の隣の隣にすわり、「森のカレー」と「森のシチュー」を頼んだ  コーヒーはドラマの様に自分で自分の豆をゴリゴリと挽く  ゴリゴリとゆう音が心地よく、だんだんコーヒーの香りがしてきて挽いていて楽しい  食事は意外とおいしく頼むとすぐに出てきた  シチューを私は食べたがきのこの味がシチューとマッチしていておいしい  きのこがいい味だ

だがやはり店の中は込み始めだんだん落ち着かなくなってきた  カウンターに立っていた店の人に聞くと紅葉が終わりとスキー場がオープンする前が観光客が少ない時期らしい  
今度は店の雰囲気を味わいながらコーヒーを飲みに来たいな
f0049160_20571644.jpg

[PR]
by teti--teti | 2006-09-03 20:50 | 移住日記
8月16日に姪っ子と甥っ子が遊びに来て泊まった 姪っ子家族は札幌に遊びに来ていてうちにより子供だけ泊まり、翌日3人で電車にのり帯広のじーじとばーばの家まで行く 

小さな冒険だ   
子供だけで3時間電車(北海道では汽車)に乗ることは初めてでその計画に3人はワクワクしていた そのせいか車の中では三人ともハイテンションで喋りまくっていたが、富良野のミスタードーナッツに寄っておやつを買う時にはさっきの勢いはなく3人とも口数が減り始めた   

 駅で切符を買うのも私は口を出さずに子供だけで買わせ様子を見ていた 改札を通る時もそうだが普段はあまり電車に乗らないので慣れてなく「これでいいのかな?」とゆう様子だ 北海道では利用客が少ないので汽車とバスはだんだん廃線しつつあるのだ 

 アナウンスが入りホームには一両だけの電車が入ってきた  3人はドアが開くとおどおどしながらも席に座り、息子と小学6年生の甥っ子はゲームをすぐに始めた。小学3年生の姪っ子だけは不安そうにホームにいる私の顔を見て引きつった笑いをしながら手を振っていた 男の子も発車のベルが鳴るとさすがにゲームをしていた手を止めこちらにさかんに手を振っている 

駅に迎えに行った義理父の話をあとから聞くと、三人とも「別に汽車に乗ってても不安にもならなかったよ へちゃらへちゃら。」と涼しい顔で言ってたそうだがホームでの顔には「不安だな、大丈夫かな俺たち?」って書いてあったぞ
f0049160_20351232.jpg

[PR]
by teti--teti | 2006-09-01 20:21 | 山村留学した息子